ISSUE01@愛媛県宇和町 稲刈りレポその1

2012年9月22日の「SOTO ISSUE01」にご来場いただいたみなさん、ご協力いただいたみなさん、
ありがとうございました!!

 

 

当日の模様を、皆さんから寄せられた写真からアップさせて頂きます。

愛媛県宇和町石城地区。
電線もな~んもない、舞台はだだっ広い田んぼのド真ん中!

まずは、WORKSHOP。
稲の手刈り体験

ほとんどの人が初めて!の体験。
カマを持って、オトナもコドモも夢中で刈りまくり。

そして脱穀


今は、コンバインが脱穀をしてくれるのですが、
コンバインがない時代はどうしていたのでしょう??

それを考えるだけでう~んと気が遠くなります。
昔の人ってすごいよなぁ。
お百姓さんってすごいよなぁ。

 

 

そして、「Let’sコンバイン!」

大人気のワークショップ。
ドヤ顔でコンバインに乗る子ども続出!
そして、「乗りたい」と言い出せないオトナも。。。

お土産に、この田んぼで4日前に収穫したばかりの「宇和米」を持って帰っていただきます。

今回、ワークショップをしていただいた生産者の二宮一朗さん!!

 

宇和米のおいしさの秘密を、

○昼夜の寒暖の差が激しい、盆地ならではの気候
○肱川の本・支流が流れる源流地帯にあたる
○二千年近く脈々と続いてきた稲作の歴史

と、教えて頂きました。


早く食べたぁ~~~い!

ということで、SOTOは抜かりありません。

 

 

ごはんをしっかり食べていただきたいから、宇和米たっぷりに、
宇和町で育った「はなが牛」ひめポーク地元野菜のグリルをドーン!

特製SOTOプレート。

焼きます。
ジュージュー焼きます。

みなさんは、畑のロングダイニングでお食事。

うまーーーい!

フード&ドリンクコーナー。

レポその2へつづく……