島フェス2012@小豆島 SOTO食堂出店しました!

9月15、16日に小豆島で行なわれた「shima fes SETOUCHI 2012~百年つづく、いのちのフェス~」。

通称、島フェス

 

私たち、チームSOTOがフェス会場でフードブースを出展いたしました。

このフェスのフードコートはとにかく凄いんです。
なにが凄いって、

瀬戸内(四国)の食糧自給率100%

 

お隣のブースなんて、四万十の鮎を炭火で焼いてましたからね(笑)。

そして、私たちが提供させていただいたのは、
ひめポークと地元野菜のスタミナ丼

 

愛媛県産豚と、なす・かぼちゃ・ピーマンなど地元の野菜と今治で採れたニンニクを使った万能タレ(同世代の友人、あべちゃん「福の山印」が作ってます!)であえました。

そしてお米は愛媛の米どころ、宇和町でとれた「宇和米」
(今週末、宇和町で稲刈り体験ですよ~!)

え~~、手間味噌ですがマジでうまい

お昼時には行列!

ありがたや~。

そして、完売御礼だったドリンク。
ただのジュースじゃぁないんです!

左から、愛媛県宇和島市の温暖な気候で育った「清見タンゴール」のジュース。
しっかり甘くて、ほんのり酸味もあるお味。

真ん中は、愛媛県宇和島市奥南地区で育った「有機栽培のネーブル」ジュース。
100%そのまんまネーブル。
甘み、酸味、苦みがちゃーんとあって、これがオトナにウケて「おかわり!」リクエストも多数いただきました。

カシスやウォッカなど、アルコールとの相性もバツグン。

このネーブルを作っているのが、あっちゃん(右だよ、右)
ジャズドラマーにして柑橘農家という恐るべき経歴の持ち主。

いや~。飲んだら(飲まなくても)惚れます!

そしてそして、焼き物のまち、愛媛県砥部町で作られた「七折小梅」のジュース。
砂糖と七折小梅のみで作られた無添加シロップで、ソーダ割が大人気!
みなさんに喜んで頂けて、よかったよかった。

 

 

出会いに感謝感謝の2日間。
主催者のみなさん、参加者のみなさん、そしてアーティストのみなさん。
ピースフルな時間をありがとうございました!!

また来年も行きたいな~。

子ども達もお手伝いに大忙しでした♪